2017.08.14

今回採用された美しい『インモールド成形』とは?

ubu369です。
今回は、こだわり抜いて製作された美しい外装デザインについてご紹介いたします。
外装デザイン実現のキモとなる『インモールド成形』について、匠の技でミクTHETAの外装を生産する吉田テクノワークス株式会社 吉田重雄社長にお話を伺いました。


ミクTHETAの外装パーツはプラスチック成形によってできています。様々な製造方法がある中で『インモールド成形』とはどのような技術でしょうか?

吉田 「普通の外装パーツの作り方ですと、加熱して溶かしたプラスチックを金型に射出し、できたパーツを塗装して仕上げることになります。『インモールド成形』とは、金型と金型の間に1枚の転写フィルムを挟み込み、プラスチックを流し込んで成形します。そのフィルムにあらかじめ外装色や初音ミクイラストを印刷しておき、射出成形機の中に熱で溶かしたプラスチックを押し込むときの熱と圧力で色や絵柄を転写させる技術です。」

吉田 「今回の初音ミクモデルでも、表側にはブルーグリーンの本体カラーと初音ミクイラストが転写されていますが、裏側を見ていただくとプラスチックそのものの色は透明です。この技術は、1940年代に創業した当社が1970年代に世界で初めて開発した技術です。そこから40年以上にわたってインモールド成形技術を蓄積しています。」

後から塗装で仕上げるよりも美しく見えますが、いかがでしょうか?

吉田 「38μmという厚さのベースフィルムに印刷層を重ねていきます。その印刷の仕方もグラビア印刷、シルク印刷という方式があり、外観デザイン・要求品質に合わせて最適なものを選択します。製品によりますが、最大十何層もの印刷を施してフィルムを製作します。この無数にある方式や材料の組み合わせの中で、最も美しく、品質が高いものを実現していくことが我々のユニークなノウハウとなります。」

吉田 「例えば、ある非常に有名な商品の外装は世界中の工場に声がかけられましたが、結果として我々と海外成形屋さんの2社に発注されました。一見すると、何のことはない外装デザインのように見えます。我々の基本特許が切れて以来、いろいろな成形屋さんがインモールド成形に参入してきましたが、狙いの品質を出すことは実は非常に難しいのです。ゆえに、量産を開始したとき、この商品の外装はほとんどが吉田テクノワークスで生産することになりました。」

吉田 「今回の初音ミクモデルはブルーグリーン一色の本体色に見えますが、LEDを点灯させますと、LEDの光が透過して見えます。このようにフィルムに形成する印刷の層を工夫して、様々な効果が演出できるのです。透明なプラスチックの表側だけではなく裏側にもフィルムを挟み、立体的なデザイン表現を実現する『ダブルインモールド』という技術も世界で初めて実用化しています。」

ノウハウの塊である初音ミクモデルのフィルムと射出成形機

初音ミクモデルにおいては、非常に繊細なKEIさんのイラストや10thロゴの細かい文字なども精密に再現しています。また、ビビッドなブルーグリーンを表現しつつ、高級感がある表面のマット感を実現しています。
*マット感=ツヤがある仕上げではなく、しっとりときめ細かいソフトな肌触りの仕上げ

吉田 「美しい発色のカラーリングを達成し、曲面にイラストや微細な文字を精密に再現するためには、非常に多くの条件を合わせることが必要です。最適な成形条件の範囲はものすごく狭いのです。金型の温度、プラスチックの温度、射出のスピード、金型の圧力など、試作を繰り返しつつ、これまで蓄積してきたノウハウで最適に設定します。実は美しい鮮やかな発色とマット感は相反するのです。マット感を追求すると色が沈んでしまう、という関係性です。今回はフィルムの試作を何回も行い、マット感をギリギリまで上げてブルーグリーンをハッキリと出し、かつ精密なイラストをシルク印刷によって再現する、という工夫をしています。」

仕上がった外装パーツは一つ一つ丁寧に検査されます

こだわり抜いたデザインコンセプトに合わせて、極限まで技術を詰めていただいた!

吉田 「そこが僕たちがたまらなく好きなところです。(笑) 『難題歓迎』という基本スタンスで、世界の中で吉田テクノワークスでなければできない、ということを達成したいですね! 成功するまで諦めない、諦めなければ失敗はない、といつも言っています。」

その言葉はリコーの会長も大好きな言葉ですね!(笑)
本日は普段聞くことがない技術のこだわりをお聞かせいただき、ありがとうございました。


(ubu369)

ミクシータについて詳しく確認する場合はこちら
ミクシータユーザーによる画像一覧はこちら
   
2017.11.20
2017.11.01
2017.09.26
2017.09.26
2017.09.25
2017.09.20
2017.09.05
2017.08.31
2017.08.30
2017.08.30
2017.08.28
2017.08.27
2017.08.26
2017.08.25
2017.08.23
2017.08.22
2017.08.21
2017.08.20
2017.08.19
2017.08.18
2017.08.17
2017.08.15
2017.08.14
2017.08.13
2017.08.12
2017.08.11
2017.08.10
2017.08.09
2017.08.08